ステンレスの切断にはガスが使われる

こんにちは!静岡県浜松市に拠点を置き、浜松市の近郊エリアをはじめとして県内全域でファイバーレーザー加工・製缶加工・金属加工を手がけております修設備株式会社です。
弊社が手がけておりますファイバーレーザー加工は、国内において競合することがあまりありません。
しかし、弊社では実績を重ね、技術を磨き「ファイバーレーザー加工なら修設備!」といわれるようになるために、日々研鑽を積んでおります。
さて今回ですが、「ステンレスの切断にはガスが使われる」というテーマでご説明をします。

アシストガスとは?

レーザー光を照射するのと同時に加工物にアシストガスを噴射しますが、アシストガスはレーザー加工機の切断に重要なものです。
アシストガスは、加工内容と加工材料の違いにより、ガスの種類や制御方法が異なってきます。
現在、多く使用されるのは酸素ガスや窒素ガス、アルゴンガスなどです。
アシストガスの代わりにエアーを使用することによりコストが低減でき、またアシストガスを噴射することにより、加工の品質や加工の性能を高めることができます。

酸素ガスを使う場合

酸素ガスは、基本的に鉄などの厚い金属の切断に使用されることが多いものです。
このガスを用いると、酸化燃焼反応を誘発し、鉄などの厚板の金属を加工することができます。
また、酸素ガスは一度の消費量が非常に少ないガスです。
酸素ガスを噴射することにより、加工速度が向上します。
また加工物の大きな板厚を加工できるようになるのです。

窒素ガスを使う場合

酸素ガスをアシストガスとして噴射した場合の金属加工において、加工物の切断面には酸化膜が発生してしまいます。
その酸化膜の発生を防止するために、窒素ガスを使用する場合があります。
ステンレスの切断で酸素ガスを使用すると、切断時に有害物質が発生してしまうことがあるので注意しなければいけません。
近年では酸素ガスの代わりに窒素ガスが使われることが多くあります。
しかし、窒素ガスは大変消費量が多いことがデメリットです。

修設備へご相談ください!

静岡県浜松市を中心に活動していますレーザー加工業者の修設備です。
レーザー加工・製缶加工・金属加工に関してご依頼はありませんか?
「例えばファイバーレーザー加工について教えて!」
「どのくらいの金額でできるの?」
など、お見積もりやお悩みごとがありましたら、どのようなことでも構いません。
ぜひ、お気軽にお問い合わせください。
最後までご覧いただき誠にありがとうございました。

浜松市で製缶・レーザー加工・金属加工は修設備(株)
〒435-0026 静岡県浜松市南区金折町755-4
電話:053-425-2241 FAX:053-425-2242

この記事を書いた人

カテゴリー

関連記事

レーザー加工などを駆使した高精度な機械加工や部品加工が可能です!

レーザー加工などを駆使した高精度な機械加…

はじめまして! 修設備株式会社です。 弊社は静岡県浜松市を拠点に、ファイバーレーザー加工などによる金 …

【謹賀新年】国内外からご依頼OK!各種鋼材加工はお任せ

【謹賀新年】国内外からご依頼OK!各種鋼…

新春のお慶びを申し上げます。 旧年中は、格別のお引き立てを賜り誠にありがとうございました。 本年も変 …

プラント設備配管工事のことならお任せください!

プラント設備配管工事のことならお任せくだ…

こんにちは!修設備株式会社です。 弊社は静岡県浜松市を中心にステンレスレーザー加工やアルミ溶接、配管 …