ステンレス溶接に用いられる溶接の種類とは?

こんにちは!
静岡県浜松市に事務所を構え、プラント内の機械据付や配管工事、メンテナンス・修理作業、各種溶接工事を手掛ける修設備株式会社です。
また、弊社の特徴の一つが、ファイバーレーザー加工などの金属加工です。
溶接には数多くの工法があります。
ステンレス溶接には、どの工法を用いるのが適しているのでしょうか?
今回は、「ステンレス溶接に用いられる溶接の種類とは?」をテーマにお話ししたいと思います。
ぜひ最後までご覧ください。

アーク溶接


アーク放電と呼ばれる気体中の放電現象を利用して、溶接を行う工法をアーク溶接といいます。
高熱を発するため、あらゆる金属を接合できます。
ステンレス溶接においても多く用いられます。
アーク溶接は、低いコストで強度の高い溶接ができます。
そのため、アーク溶接の対象物は広く、さまざまな場所で活躍しています。

レーザー溶接

レーザーは、通信や医療など、幅広い分野で利用されています。
溶接にも、レーザー溶接と呼ばれる工法があります。
簡単にいえば、溶接したい金属にレーザー光をあてることで溶かし、接合するという工法です。
レーザー光はとても細く、溶接したい部分周辺の狭い範囲でのみ熱を発します。
そのため、他の溶接工法に比べ、熱による金属のひずみが少なくなります。
レーザー溶接は、熱でひずみやすく、溶接の難易度が高いとされるステンレス溶接に用いても、変形を抑えることができます。

電子ビーム溶接

真空中で加熱したフィラメントから放出される電子を利用した溶接工法を、電子ビーム溶接といいます。
エネルギーの密度は、アーク溶接の1000倍といわれています。
しかし、溶接したい部分周辺の狭い範囲でのみ熱を発するため、金属のひずみを抑えることができます。

静岡県で金属加工・レーザー加工・配管工事のご相談は修設備株式会社へ!


弊社では、新規お取引を受け付けております。
「この金属加工っていくらくらいかかる?」「特殊な形状の製缶加工が可能か悩んでいる」など、どんなお悩みも弊社にご相談ください!
全国レベルでも貴重なファイバーレーザーマシンで、お客さまのご要望を高いレベルで実現いたします。
まずは、お電話もしくはお問い合わせフォームからご連絡ください。
最後までご覧いただきまして、ありがとうございました。

浜松市で製缶・レーザー加工・金属加工は修設備(株)
〒435-0026 静岡県浜松市南区金折町755-4
電話:053-425-2241 FAX:053-425-2242

この記事を書いた人

カテゴリー

関連記事

アルミ溶接・ステンレスレーザー加工・配管工事のご依頼前の不安解消!

アルミ溶接・ステンレスレーザー加工・配管…

はじめまして!修設備株式会社です。 弊社では静岡県浜松市を中心に配管工事やステンレスレーザー加工、ア …

配管工事、製缶加工の依頼に伴うお悩みも弊社が解消!

配管工事、製缶加工の依頼に伴うお悩みも弊…

はじめまして!修設備株式会社です。 弊社では静岡県浜松市を中心にレーザー加工や製缶加工、配管工事、フ …

お仕事ご依頼承ります!

お仕事ご依頼承ります!

新年明けましておめでとうございます。 静岡県浜松市を拠点にレーザーや金属、製缶の各種加工や機械据付な …