配管製作・配管加工で用いられる溶接技術

こんにちは!静岡県浜松市に拠点を構え、一人ひとりのお客さまに寄り添った施工プランのご提供を心がけている修設備株式会社です。
弊社は、レーザー切断加工や金属加工などの加工業務を中心に請け負っております。
「配管製作・配管加工ではどんな溶接技術が使用されているのだろう?」
このような疑問をお持ちの方もいらっしゃるのではないでしょうか。
そこで今回は、配管製作・配管加工工事で用いている溶接技術をご紹介いたしましょう。

アルゴン溶接・アーク溶接


アーク溶接とは、金属の棒で火花を飛ばしながら溶接していく方法です。
この溶接は、主に鉄鋼を接合する際に用いられる工法で、「消耗電極方式」と「非消耗電極方式」の二種類に分けられます。
対してアルゴン溶接は、別名「TIG溶接」とも呼ばれており、アーク溶接と比べて火花が飛ばない溶接方法です。
アルゴン溶接は、アルミやステンレスなどの溶接で用いられることが多く、車・バイクなどの溶接で使われます。

半自動溶接・プラスチック溶接

半自動溶接とは、半自動溶接機を用いて手動で加工していく工法のことをいいます。
トーチという加熱器具で金属を溶かしていき、接合させるのがこの方法です。
ワイヤーの供給は自動で行われますが、溶接作業が手動で行われるため、「半自動」という名前になっています。
プラスチック溶接は、プラスチック溶接機を用いて溶接し、電熱ヒーター・ファンで発生した熱風で表面を溶かし、圧着する工法です。

さまざまな配管素材に対応

上記のさまざまな溶接工法は、プラスチック素材やステンレス、鉄などの素材を使用した配管の加工に使用することができます。
配管制作・配管加工を行う際は、素材の特性や用途を考慮し適切な方法で加工を行うことが大切です。

修設備へご相談ください!


修設備株式会社では、加工業務に加え配管工事やメンテナンス・修理などのサービスも請け負っております。
今までに培った豊富な知識・高い技術を活かして、お客さまに最適・最善の施工プランの提案が可能です。
また弊社には多数の資格保有者が在籍しており、細やかな施工をお届けしております。
各種施工に関するご依頼・お問い合わせは、修設備株式会社までご連絡ください。
最後までご覧いただき誠にありがとうございました。

浜松市で製缶・レーザー加工・金属加工は修設備(株)
〒435-0026 静岡県浜松市南区金折町755-4
電話:053-425-2241 FAX:053-425-2242

この記事を書いた人

カテゴリー

関連記事

SS材加工・ファイバーレーザー加工に関するご相談は弊社まで!

SS材加工・ファイバーレーザー加工に関す…

こんにちは!修設備株式会社です。 弊社は静岡県浜松市を中心にステンレスレーザー加工やアルミ溶接、配管 …

配管・溶接・メンテナンス、あらゆるご依頼に対応します!

配管・溶接・メンテナンス、あらゆるご依頼…

こんにちは!修設備株式会社です。 弊社は静岡県浜松市を中心にステンレスレーザー加工やアルミ溶接、配管 …

品質は折り紙つきです!製缶加工はお任せください!

品質は折り紙つきです!製缶加工はお任せく…

こんにちは! 静岡県で金属加工や管工事をしている修設備株式会社です。 弊社は平成15年の創業以来、高 …